スポンサーリンク

膨れ上がった借金・・・どうにかしたいですよね。

「いつの間にか借金がこんなに・・・」

「こんなはずじゃなかったのに・・・」

「なんでこんなことになってしまったんだろう・・・」

私も実際に経験がありますから、そのお気持ち、痛いほど良く分かります。

返済できないくらいどうしようもない借金をそのままにしておくと、毎日が辛すぎて、借金返済のために働いているのに、うつ病などになって働けなくなってしまう可能性があります。

今回は、どうしようもない借金を解決した方々の体験談をお送りしますので、あなたも参考にしてみて下さい。

体験談1

私が借金を返せない時にしたことが二つあります。

一つ目は、借り入れが銀行だったので、銀行の方に相談しました。

いろいろと相談に乗ってくれて、どのように返済していったらいいのか計画を立てました。

最も良い改善策を一緒に考えてくれました。

二つ目は、兄弟に相談したことです。

幸いにも私の兄弟はお金を貯めることができる人たちで、何でも話し合える仲なので以前から借金をしていることは話していました。

なので困っていることを伝えると、すぐに貸してくれました。

体験談2

借金が払えないときは親に頼るべきです。
仮に友人に頼む場合、その友人があなたと縁を切ることのリスクやお金を貸してくれないリスクなどがあります。
但し、親や親族の場合だと、基本的に縁を切ることが難しいので、あなたにお金を貸してくれるはずです。

実際に私も学生時代は留学費・学費などを親にサポートしてもらいました。
確かにこれまでお世話になったおやに依頼するというのは気が引けるかもしれません。

ただ、あなたが借金を抱えている、この状況からの脱却を一番周りで願っているのは、あなたの親のはずです。
なので、借金を払えなくなったら、親や親族に依頼をするのがベストです。

体験談3

「あなたの退職一時金を、会社から前払いして、お金を先にもらえば?」とアドバイスしてやりました。

退職一時金て、「給与の後払い」です。だから、一定期間の「勤務実績」があれば、退職一時金の「前払い」を受けることが、実は”可能”です。

その会社の退職金規定では、多くの場合、「何かトラブル起こしたとき」とかは、退職一時金は支給されません。

実は、退職一時金は、従業員を会社に縛り付ける”担保”になっていて、会社に忠誠心を求める性質があります。

だから、借金の財源は、退職一時金とすることは可能です。
知らない方、多いと思いますが、参考にしてください。

体験談4

学生ローンで借金等を経験しましたが、満額払えない時でも小額支払って納入したという事実を作ることで裁判や差し押さえまでの期間を伸ばすことができました。

また、払えないことを正直に話すことでローンの方と余裕のある返済計画を立てることができましたよ。

後ほど当時返済を待ってもらった時の話を聞いた所、
支払いが滞ると裁判が待っているわけですが、裁判を行うのにも費用が掛かるため
貸す側としてもできるだけ穏便にすませたいようです。

ちなみに一番困るのは連絡が取れず音信普通になってしまう人だとか。

確かに連絡自体が取れないとなると貸す側も対処が限られてしまいますよね。

体験談5

私も借金が返しきれなくて悩んだ経験があります。

しかし、とあることをするだけでその借金が完全にゼロになっちゃう方法があるんです。
ご存知ですか?

その方法は、自己破産と言います。

これは国が認めた借金をした人の最後の救済策で、申請をするだけで借金をなかったことにしてくれるシステムです。

クレジットカードが作れなくなるなどのデメリットはありますが、借金がなくなると思えば平気ですよね?

体験談6

借金が払えない時は、まず、一時しのぎができればその後は返済していけるのか、もう返済不可能な状態なのかを確認します。

一時しのぎの場合は利息や返済期間などの融通がきく人、つまり親や兄弟などの身内から借りられないか検討します。

身内からの借り入れが無理な場合はクレジットカードのキャッシングかローンカードでお金を借りて返済します。

もう返済不可能な状況の場合は、なるべく早く弁護士や司法書士に相談して解決策を検討してください。

体験談7

借金が払えない時は、まずは出来るだけ早く債務整理をしましょう!

債務整理とは、借金が払えないということで、その利息などをカットしてもらったり免除してもらう手続きのことです。

債務整理の手続きが始まった時点で督促が止まるので、急に家財などが差し押さえられたりすることを防ぐことができます。

また、専門家に返済プランの相談もすることができるので見通しが持て、未来が少し明るくなりますね。大切なのは、そのままにしないことです。早めに行動を取りましょう!!

 

今回の体験談は以上になります。

あなたの借金が少しでも少なくなり、心の負担が軽くなることを祈っています。

スポンサーリンク